Book

地下の鳩

Book
0
西 加奈子(2011年/文春文庫) 馴染みの(というほどではないですが)大阪は夜のミナミが舞台なので、あの猥雑な雰囲気が自然に浮かんで非常に作品の世界に入って行きやすかったです。 普通に歩...

ホテル・ニューハンプシャー

Book
0
ジョン・アーヴィング(1989年/新潮文庫) 処女作『熊を放つ』を村上春樹さんが翻訳されていて読んだはずなのですが、全く記憶に残っていません。今回は西加奈子さんがずっとお薦めされているということ...

職業としての小説家

Book
0
村上春樹(2015年/スイッチ・パブリッシング) 図書館にあったので。村上春樹さんのエッセイが好きなんですが、「あれ?こんなに回りくどい文章だったっけ?」と。確かに隣の家に行くのに、町内を逆に回...

さくら

Book
0
西加奈子(2007年/小学館文庫) 西さんのインタビューで「『さくら』という小説でお兄さんが死ぬんですけど、たとえ物語を動かすためとはいえ、お兄さんを死なせてしまったことを後悔していた」という主...

あおい

Book
0
西加奈子(2007年/小学館文庫) 西加奈子さんのデビュー作になります。タイトル作を含む3篇収録。 『あおい』 主人公の「わたし」にも、その彼のカザマ君にも、登場人物の誰にも感情移入でき...

きいろいゾウ

Book
0
西加奈子(2008年/小学館文庫) 又吉直樹さんが「西さんの小説って、ちょっとしんどそうやな、いう主人公ばっかりなんですよ」と仰ってましたが、今回も日常生活に支障はないものの心臓に病があるちょっ...

ふくわらい

Book
0
西加奈子(2012年/朝日文庫) これはまた凄い本を読んでしまいました。要素としてぱっと浮かぶだけでも「ゲシュタルト崩壊(ふくわらい・文章や言葉/目鼻等のパーツ・文字)」「カニバリズム」「普通と...

漁港の肉子ちゃん

Book
0
西加奈子(2011年/幻冬社文庫) タイトルといい装丁の西さんの絵(クリムト『ダナエ』の模写)といいインパクト大です。それに負けずに肉子さんこと見須子菊子(みすじきくこ)とその娘である喜久子(き...

舞台

Book
0
西加奈子(2014年/講談社文庫) 作者の西加奈子さんと椎名林檎さんの対談を見て、元々は椎名さん目当てで見たにもかかわらず、西さんのキャラクターや発言が素晴らしすぎて、対談に登場した作品を読んで...

炎上する君

Book
0
西加奈子(2010年/角川文庫) 表題作を含む8編の短編小説集。 「太陽の上」 まず主人公が「あなた」というのが新鮮です。著者から「具体的にイメージして下さい」と絶えず言われながら物語が...